六花亭 札幌本店 「ギャラリー柏」「ふきのとうホール」「きたこぶしホール」

六花亭の施設

2015年7月5日 にオープンした 六花亭 札幌本店

中庭から見た建物
中庭から見た建物

今までにない 地下1階、地上10階建ての ビルとなっています。
1階はお買い物店舗、2階が喫茶室となっています。

そして、このビルの特徴コンサートホールや多目的ホール、ギャラリーがあることです。
六花亭のそんな文化的な面をご紹介していきます。

ちなみに、同じビル内に入っているテナント店はこんな感じです。

テナント店
テナント店

[rokkateiads1]

5階 ギャラリー柏

六花亭と言えば、おなじみ 花柄 を思い浮かべる方が多いと思います。
そんな花柄を生み出した 坂本直行さんスケッチブック展 が開催されていました。
(写真禁止ではなかったので、撮らせて頂きました。)

ギャラリー柏
ギャラリー柏
  • 入場無料
  • 営業時間:10:00~20:00(年中無休)
    ※ただし、コンサート・イベント開催日は見れない時間帯があります。

入口すぐには、立派な額縁に入った作品が飾られています。

ギャラリー柏
ギャラリー柏
包装紙の原画
包装紙の原画

上の作品は 包装紙の原画 です。
写真だと分かりにくいかもしれませんが、一つひとつの花は別々な紙に書かれたもので、それらを切り取って1つの絵になっています。

ギャラリー柏
ギャラリー柏

こちらは現在 ストロベリーチョコレート のパッケージになっていますね。

ギャラリー柏
ギャラリー柏
ギャラリー柏
ギャラリー柏

奥に進むと、スケッチブック が飾られています。

スケッチブック
スケッチブック
スケッチブック
スケッチブック

中央には 新聞紙と包装紙で作られたオブジェ が(馬と女の子)あります。

新聞紙と包装紙で作られたオブジェ
新聞紙と包装紙で作られたオブジェ

とても広々とした空間です。

広々とした空間
広々とした空間
こばなし

説明書き
説明書き

このギャラリー柏に積まれた木材は平成20年7月7日~9日に開催された北海道洞爺湖サミットの際に、外壁として使われた北海道産のカラマツ間伐材だそうです。

サミットのテーマである環境対策の実施のために建材をリユースしたとのこと。

奥にカラマツ間伐材
奥にカラマツ間伐材

6~8階 ふきのとうホール(室内楽専用ホール)

こちらも見てみたかったのですが、エレベーターが止まらないようになっていたのでフロアに行くことができませんでした。

エレベーター内の案内
エレベーター内の案内

音響効果などが工夫された 本格的なコンサートホール です。
全221席もあるそうです。

ふきのとうホール
ふきのとうホール

こちらでは2015年7月は毎日、9月からは月に2~3回コンサートが開催されます。
※7月分は完売

音楽好きの方はもちろん、六花亭好きの方はこの機会に足を運んでみても良いかもしれません。

[rokkateiads1]

10階 きたこぶしホール(多目的ホール)

きたこぶしホール
きたこぶしホール

こちらは 貸出し を行っている 多目的ホール
120席置けるそうです。

きたこぶしホール
きたこぶしホール

広すぎず狭すぎずといった大きさです。

きたこぶしホール
きたこぶしホール

 

こんな文化的側面のある六花亭。
機会があれば、ぜひ足を運んでみてくださいね(*’▽’)

六花亭の施設