六花文庫で「本のばくりっこ」!

六花亭の施設, 六花亭 雑学

みなさん、「六花文庫(ろっかぶんこ)」 ってご存知ですか?

その名の通り、六花亭が管理している書庫です。

この六花文庫、実は旧真駒内店で、
2004年4月に文庫として生まれ変わりました。

建物は上までツタで覆われていて、なんとも素敵な佇まい。
そして冬の館内は、暖炉に火が入るそうですよ。

どんな本があるの?

その蔵書は特徴があり、
「食文化の歴史」「お菓子づくりの実用書」に特化されています。

お菓子会社というだけあって、「食」に関する事がテーマとなっています。

館内はの書籍数は、約7,800冊
貸出はしていないようですが、館内だれでも自由に閲覧が出来ます。

それにしても、「食」の本だけで約7,800冊というのは凄い数ですよね!

イベント「本のばくりっこ」

ここでは、本を閲覧するだけでなく、イベントも行われています。

その一つが「本のばくりっこ」企画。

定期的に開かれているそうで、
持ってきた本の数だけ、他の方が持ってきた本を持ち帰ることが出来ます
(ただし、1度につき、ひとり10冊まで。)

ちなみに、このばくりっこに関しては、「食の本である必要はない」とのことです。

自分の本を再び誰かが読んでくれて、自分もまた新たな本と出会える・・・
本が好きな方にはたまらない企画かと思います。

2014年4月29日(火)~5月17日(土)まで行われているので、
気になる方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

開館時間は、10:00~17:00 までです。
(※月曜休館/5月14日(水)・15日(木)休館)

六花文庫の場所

住所:札幌市南区真駒内上町3丁目1-3
電話:011-588-6666
開館:10:00~17:00
休館日:日曜・月曜(4月~11月)/日曜・月曜・火曜(12月~3月)
ホームページ:http://www.oda-kikin.com/access.html